蟹は旬の贈り物としてもポピュラーです。お知り合いや

蟹は旬の贈り物としてもポピュラーです。
お知り合いや家族に、産地直送の新鮮な蟹をお歳暮で贈りたい人が多いでしょう。
ですが、通販で蟹を送る場合、気をつけるべきことがあります。
蟹は新鮮さ命です。
鮮度が損なわれれば、美味しさも損なわれてしまいますし、場合によっては、お腹を壊してしまうケースも考えられるのです。
危険回避の観点からも、商品の取り扱いがちゃんとしている店を選ばなければなりません。
そして、二度手間にならないよう、留守中でない時間をちゃんと指定して工夫して発送するのがよいでしょう。
もし間違った選び方をすると蟹の元々の良さを味わうことができません。
蟹を美味しく食べるには、選び方が大事です。
美味しいタラバ蟹を見極める方法は、調べるべきことは重さがどうなのかで、まずは第一のチェック項目です。
加えて、綺麗な甲羅に目が行きますが、そういうものは選ばずに、硬くて汚れているもの、これを選択基準として選ぶと良いです。
国内のかにの産地はどこかと考えると、北陸を思い浮かべる方も多いでしょう。
冬はかにと温泉と思えば石川県の粟津温泉はその代表です。
おいしいかにを味わい、温泉でくつろぐために旅行客は全国からくまなく続々と集まっています。
粟津近辺のかには加能がにと呼ばれ、ズワイガニですが、歯応えのある甘い身が特長です。
かにと温泉のベストマッチを求める方には間違いなく嬉しい体験ができるでしょう。
おいしいかにを通販で買えるのは便利ですが、注意点の一つとして、かには重さの割にかさばるということがあります。
直接お店に行って買う場合は、いざお金を払うときに、自分がどれだけ大量に買おうとしているかわかり、食べきれる量しか買わないのが普通です。
一方、通販では、店舗より安い値段で大きなかにが買えるので、店舗より安いこともあって大量購入してしまい、届いてその量に青ざめたという人は皆さんも聞いたことがあるでしょう。
注文前に大きさや頭数をよく確認してください。
安価で蟹を楽しみたいのならば、日帰りで行ける、蟹食べ放題ツアーというものがあり、これを推したいと思います。
どういう理由でそう言えるかというと、蟹を食べるのにこの方法を使うと、普段通り蟹を買い、そして自宅で食べる、というような方法をとった時よりもお得に蟹を食べられることが確実だと言えるからです。
それに加えて、こういったツアー企画は、通常蟹の名産地で行われていますので、価格または量といった点だけでなく、質の良さも申し分ないはずです。
活きた蟹をさばく際の手順をご説明しましょう。
蟹は腹の側からさばくので、まずは腹が上になるようにまな板に置きます。
腹部にあるはかま(ふんどし)に指をかけ、これを剥がしていきます。
次に、包丁を使い、蟹のお腹を真っ二つに割ります。
腹の切れ目を支点に、手で折り曲げるように足を胴体から外します。
胴の部分についたエラや薄皮は、指で細かく取り除いておきましょう。
蟹みそがこぼれやすいので、あらかじめかき出して甲羅を入れ物にしておきましょう。
最後に、食べやすくするため、足を関節の部分で切り離し、食べるときに身を出しやすいように、表面に切れ目を入れておく。
以上が蟹の捌き方の基本になります。
激安が売りのかに通販も多々ありますが、返品もできない生鮮品ですから期待通り、身が詰まって鮮度のよいものが手に入ると思い込むのは間違いです。
店舗がたくさんある中で、信頼の置けるところを探すことが通販上手になるためのはじめの一歩です。
初めてのかに通販ならば良心的なお店を見つけるのも一苦労ですが、ネットの比較サイトを上手く活用してよかったと思える買い物にしていきましょう。
通販は不安なので事前に口コミを参考にしたいという方は多いでしょうが、レビューや口コミというのはネット上にたくさんありますよね。
多くの人が目にするのは楽天やアマゾンでしょう。
また、それらのサービスで見られる多くのレビューはもちろんのこと、個人的に蟹通販の評判をまとめて列挙してあるサイトも多くあります。
一つ一つ読んでいくことはほぼ不可能ですね。
そんな中で、何を参考にすればいいのでしょう?口コミというのは、主観に基づく内容ばかりで、客観的な情報は少ないです。
それより、業者の実績によって選ぶほうが賢い選択といえます。
それなら情報も信用できます。
かつては食用蟹の代名詞でもあった渡り蟹。
これはワタリガニ科に分類される大型の蟹で、ガザミともいい、瀬戸内海を代表する蟹として知られ、他にも有明海や大阪湾などに分布していますが、最近は国産に加えて中国などの輸入品も多く出回っています。
最高級品は甲幅30センチにも達する、かなり大型の蟹であり、特にメスの卵巣が格段の美味として知られ、また蟹ミソや身の肉も美味しいので、日本各地で食用として重んじられてきました。
昔から、渡り蟹といえば、茹で蟹や蒸し蟹にするのが基本的な楽しみ方です。
また、蟹汁に使われたり、最近ではパスタのレシピにもよく登場します。
通販でかにを買うというと、鮮度を気にする方が多いと思います。
その心配はもっともで、一昔前まで通販のかには鮮度に問題ありという評判ばかりでした。
現在、その問題はほとんど克服されました。
流通システムの進歩で、新鮮な品を迅速に届けられるようになり、通販のかにも市場で買うのと遜色ないくらい新鮮でおいしい品がそろっています。
様々な理由から、どの店舗でも常にいつもおいしいかにが買えるとは言えませんので、購入先は信頼の置けるところにしてください。